FXトレードの基礎ローソク足の見方と使い方

ローソク足の基礎

FXトレードの基礎ローソク足の見方と使い方

こんにちは。日々為替を勉強中の葉月です。
今回はFXの基礎編、ローソク足の見方について書いていこうと思います。
ローソク足とは、FXチャートの中で最もよく使われる表示で、たった1本のローソクの中には過去・現在・そして未来が予測できる、とてもすぐれた手法です。
このローソク足は現在世界中のチャートで使用されていて、さらにこのローソク足を考えた人はなんと日本人とのことで驚きです。
ローソク足は1本の足長期的1カ月・1週間・1日で見たり、中期的に8時間・4時間・1時間・30分で見たり、短期的に15分・5分・1分で見ることができます。
また、値を見ることもでき、始値・終値・安値・高値を知ることもできます。
同じことの繰り返しになりますが、ローソク足というのは、たった1本の線でさまざまな情報を収集することができる、本当にすぐれたチャートです。
これからFXトレードを始める方でチャートの勉強をする方は、まずこのローソク足を覚えることから始めてみてください。
では、次に画像を使って解説していきたいと思います。
まずローソク足は、どこから値が始まりどこで終わったかを見ることができます。
左側のローソク足ですと、Cから始まり、Dまで下がったあとAまで値が上がっていき、最終的にBで終わったということです。
反対に右側も同等の考え方で、Fから始まり、Eまで上がったあとHまで値が下がっていき、最終的にGで終わったということです。
左のローソクは、始値から終値までをみると価格が上がっているので陽線、右側は始値から終値が下がっているので陰線といいます。
一番早くローソク足を攻略する方法は、チャートを見るときに、ただチャート全体を眺めるのではなく、1本のローソクに着目して、今はこっから始まりここまで来て、さらにここで落ち着いたんだなぁ~と頭の中で思い描きながら繰り返し見ていると、自然にローソク足に慣れていき、いつの間にかパッとローソク足を見ただけで、現在の相場の流れを把握できるようになります。
また、右側に表示してあるヒゲも重要な線を表していて、価格が反発して戻ってきているという表示です。Eの高値で止まらずにFまで跳ね返されていることになるので、このヒゲが長ければ長いほど転換のサイン、つまり逆張りエントリーのチャンスです。
さらに、ローソク足はもちろん1本で見ることもでき(これは現在の価格)2つ3つを組み合わせて先の未来を予想することもできます。
今後このローソクの組み合わせやヒゲについても詳しく書いていこうと思います。
では、今回はこれで終わりにします。
明日もトレードがんばりましょー!
次回はトレードの種類について書いていこうと思います。トレード法にはスキャル・デイトレ・スイング・長期の4種類のトレード法があります。トレードによっては見るチャートもローソクも違ってくるので、まずはトレードの特徴について勉強していきましょう。
FXの基礎学習ができるおすすめサイト
私も最初はこれで勉強しました。
月収100万円を達成するきっかけとなったサイトです。ファンダメンタルズや経済の動きがわからないときは送られてくるメルマガが参考になります。
FXで月20万稼げない方はぜひ参考にしてみてください。
→FXビクトリーメソッドレビューはこちら←
FXビクトリーメソッド公式サイト

スキャルピングを専門に勉強したい方はこちらがおすすめ
恋スキャFX完全版公式サイト
【まとめ記事】FXの基礎がわかる完全マップ 葉月の初心者で月50万を目指す方法

このページを順番に読み進めることで、FX初心者の主婦でも月50万円を目指せるレベルになります。勝率80%以上の手法も公開中。
初めてトレードする方向けにまとめておりますので、これからFXにチャレンジしてみようと思う方はぜひ参考にご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました