FXの基礎学習|移動平均線の見方と使い方

移動平均線

FXの基礎学習 移動平均線の使い方

こんにちは。日々為替を勉強中の葉月です。
今回はFXの基礎編、移動平均線の使い方について書いていこうと思います。
上の画像はまさにとれたて、昨日のドル円に移動平均線を表示させた画像になります。移動平均線は主に、短期、中期、長期に分けられます。
例えば、10日移動平均線でしたら、10日間の終値を平均した数値となります。これは移動平均線の中でも単純移動平均線(SMA)と呼ばれています。
上記の画像は短期5日と中期20日を表示してあります。
また、移動平均線を表示することでトレンドの方向を確認することができ、今の相場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかレンジなのかを判断することができます。
説明としてはこれくらいです。
では、この移動平均線を使ってどのようにトレードするのか?そこが重要なので詳しく解説していきます。
定番の移動平均線は、短期が10~25日、中期が75日、長期200日の表示がよいというのを何かの本で読んだことがあります。が、今回は私がいつも使っているトレード手法で書いていきたいと思います。
私が得意としているのはスキャルピングなので、普段は短期5日、中期20日の2本の線を使っています。デイトレードの時は、25日、75日、200日の3本を表示しています。また単体で200日の長期を表示することもありますが、決まりはないので、何より自分に合った期間を見つけるのが利益を上げるための手法だと思います。
話しも戻しますと、画像は短期5日、中期20日の画像です。
緑の線が短期で青の線が中期です。まずトレンドの方向を確認してみましょう。左側の緑と青の幅が狭く、もみ合っておりローソク足も平均線に重なっているときはレンジ相場です。
さらに時間を進めると、9時30分あたりに緑の線が青い線を上から下へと抜けました。これがデッドクロスと呼ばれるものです。ここで売りにエントリーできれば利確できそうですね。そこから下降トレンドが発生していて、14時15分あたりに今度は緑の線が青い線を下から上に抜けました。そこがゴールデンクロスと呼ばれています。これはトレンド転換のサインです。ここでは買いにポジションを持ちます。
見るポイントとしては、長期の線を短期が越してクロスしているところです。
また、ローソク足が移動平均線よりも上にあれば上昇・下にあれば下降相場であると見極めることができます。
ですが、この移動平均線…ダマシがかなり多いです。なので、この移動平均線一つだけで判断しエントリーするのはとても危険です。前回の記事でテクニカルの安心材料は多い方がよいということを書きました。 テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を使って利益を上げる方法
やたら多いというのは無駄なだけなのですが、
例えば、ストキャスもRSIも売られすぎていてもう底だ…一目均衡表は直線ラインに当たってる…あっ…移動平均線がゴールデンクロスだ!じゃぁ買いでエントリーしてみようかな…。こういった感じです。
なんとなくイメージしていただけたでしょうか。この移動平均線も安心材料の一つとして活用するのであればとても有効なテクニカルになりますのでぜひチャレンジしてみてください。
私の手法として、この移動平均線以外に、上記にも書いたとおり、一目均衡表、ストキャス、RSI、たまにMACDやパラボリック等を表示しています。その使い方などについても順次公開していきたいと思います。
では今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。
本日もトレードがんばりましょー!
FXの基礎学習ができるおすすめサイト
私も最初はこれで勉強しました。
月収100万円を達成するきっかけとなったサイトです。ファンダメンタルズや経済の動きがわからないときは送られてくるメルマガが参考になります。
FXで月20万稼げない方はぜひ参考にしてみてください。
→FXビクトリーメソッドレビューはこちら←
FXビクトリーメソッド公式サイト

スキャルピングを専門に勉強したい方はこちらがおすすめ
恋スキャFX完全版公式サイト
次回は、FXトレードで損益を出してしまうときの共通点について書こうと思います。
損失しているときってだいたい同じ理由がほとんどなんですよね。
過去の私の失態を読んでいただき利益を上げるためにぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。
【まとめ記事】FXの基礎がわかる完全マップ 葉月の初心者で月50万を目指す方法

このページを順番に読み進めることで、FX初心者の主婦でも月50万円を目指せるレベルになります。勝率80%以上の手法も公開中。
初めてトレードする方向けにまとめておりますので、これからFXにチャレンジしてみようと思う方はぜひ参考にご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました