【簡単】FX初心者向け一目均衡表で稼ぐ方法 勝率80%の手法を公開

すぐにできる勝率80%以上の手法

【簡単】FX初心者向け一目均衡表で稼ぐ方法 勝率80%の手法を公開します

こんにちは。日々為替を勉強中の葉月です。
私の使っているテクニカルは、ストキャスティクス、MACD、RSI、それからチャート上にはボリンジャーバンドと単純移動平均、そして一目均衡表です。
今回のFXトレード編では、勝率80%以上の手法一目均衡表の使い方について書いていこうと思います。
かなり重要なテクニカルなので、少し長くなってしまうかもしれませんが、お付き合いくださる方は読み進めてください↓
1日の始め、トレードする前は必ず、1時間足、4時間足、8時間足、日足一目均衡表を確認しています。
画像の中央にある白くて雲のような柄が一目均衡表になります。
まず、雲をみるときは、その大きさを見ます。
大きい雲なのか、小さい雲なのか。小さい雲はあまり影響力がありません。
逆に大きくて、分厚い雲は、その雲を相場が突き抜けていくことはまれです。
仮に、大きく分厚い雲を突き抜けていくようなら、その勢いは止まらず、一気に上昇、また下降しトレンドが発生します。
なので、私がトレードしている中で、もし分厚い雲を突き抜けた場面を見たら、1回目のボリバンが開きその後閉じかけたところで順張りトレードをすると思います。
まだまだ上昇、または下降するだろうという予想でポジションをとります。
もちろん、同時にRSIとストキャス、MACDも確認してからのエントリーです。
画像の〇で囲ってある場所を確認してください。
雲にあたってローソク足が反発しているのがわかります。
雲の上下の線は、まっすぐな直線と、波をうってる線があります。
これは直線ほど影響力があります
画像の〇で囲ってある線は、波をうっている線です。
波線は楽にローソク足が雲の中へ入っていきますが、直線にあたると跳ね返されたりします。
また直線を突き破ることはあまりありません。
もし、突き破ることがあれば、上記にも書きましたが、トレンド発生とみます。
次の画像も〇は雲に跳ね返された相場です。
一番左の雲は小さいのであまり影響力がありません。楽に波線を越えていきます。
ですが、直線にあたったところでピタッと相場が止まっているのがわかります。
こちらの画像、Aのところに注目してください。
相場が下降していき、波線から雲の中にローソク足が入っていきました。
少し、直線を突き破りまた雲の中に戻っていきます。
しかし再度下降し、今度は直線を突き破りました。
こうなるとトレンド発生です。もう一度雲に近づいたところでショート(売り)ポジションをとります。そんなに大きな雲ではないのであまり期待できない相場だったのですが、綺麗なトレンドが発生しています。
左側くらいの大きな雲&直線を抜けていくと強いトレンドが発生します。
一目均衡表については以上となります。
一目均衡表の使い方、いかがだったでしょうか。
では、今回はこれで終わりにしたいと思います。
明日もトレードがんばりましょー!
FXの基礎学習ができるおすすめサイト
私も最初はこれで勉強しました。
月収100万円を達成するきっかけとなったサイトです。ファンダメンタルズや経済の動きがわからないときは送られてくるメルマガが参考になります。
FXで月20万稼げない方はぜひ参考にしてみてください。
→FXビクトリーメソッドレビューはこちら←
FXビクトリーメソッド公式サイト

スキャルピングを専門に勉強したい方はこちらがおすすめ
恋スキャFX完全版公式サイト
【まとめ記事】FXの基礎がわかる完全マップ 葉月の初心者で月50万を目指す方法

このページを順番に読み進めることで、FX初心者の主婦でも月50万円を目指せるレベルになります。勝率80%以上の手法も公開中。
初めてトレードする方向けにまとめておりますので、これからFXにチャレンジしてみようと思う方はぜひ参考にご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました